meiji THE Chocolate (明治 ザ・チョコレート)「メキシコホワイトカカオ」と「エクアドルカカオ」食べ比べ!!

サロン・デュ・ショコラ2018 公認ブロガーのシンゴ(@sdcblogershingo)です。

meiji THE Chocolate (明治 ザ・チョコレート)さんの「メキシコホワイトカカオ」と「エクアドルカカオ」をレビューします。 サロン・デュ・ショコラ(サロショ)東京2018でのmeiji THE Chocolateの全商品ラインナップはこちら!!

>>サロショ2018 東京のmeiji THE Chocolateの全商品を見る!!

 

前回のホワイトカカオよりもすごいです!!

meijiさんがメキシコで農園作りから行って栽培したカカオからチョコレートを作っています。メキシコホワイトカカオ ダークはカカオ分70%のダークチョコレート。前回のサロショでメキシコホワイトカカオとして登場しました。では、今回も前回と同じなの!? いやいや、前回よりもかなりパワーアップしてるんです。レシピや品種は変えていないそうなのですが、発酵のコントロールをかなり調整して行ったそうです。

一口食べただけで、前回のメキシコホワイトカカオとは同じ名前で良いのか!?と思うくらい違いを感じました。前回のはアタックが刺激で重たい印象でしたが、今回のはとても軽やかでまろやか。苦味や渋みが少なくなり、なめらかな酸味。それでいて、ナッツのような香りもそのまま。美味しさが何倍にもなっています!!

それでは続いて、メキシコホワイトカカオ ミルク。

ダークと同様にメキシコ産ホワイトカカオ63%のミルクチョコレートです。ミルクはバターのような風味とコクが豊かなフランス産ミルクを使用。どうして、フランス産とアピールしているかというと、meiji THE Chocolateに使っているミルクは全て国産を使っているからです。このメキシコホワイトカカオ ミルクは初めて国産ではないミルクを使っているということです。

選び抜いたミルクを使っていることもり、ホワイトカカオの旨味とミルクがとてもよく混じり合い、より食べやすく口溶けも良いチョコレートになっています。食べた印象は男女問わず、好まれそうなミルク感!! 自分用チョコレートとしても、プレゼント用としても重宝しそうです!!

サロショだけの限定品なので、ゲットしておきたいですね!!

 

エクアドルダーク

このエクアドルダークは市販されている黄色のBrilliant Milkのダークバージョンの位置付けとして発売です。封を開けた瞬間に豊かな香りを感じます。もちろんチョコレートを口に含んだ瞬間から、フローラルなお花の香りが体を包み込んでくれます。味わいはコクやキレがあり、食べた後の爽快感がたまらないチョコレートでした!!

 

色を比較すると?

今回いただいた3つの色を比較してみましょう!!

写真の左からメキシコホワイトカカオ ダーク、メキシコホワイトカカオ ミルク、エクアドルダークの順番となっています。比較したいのは両サイドのチョコレート。産地や品種によってもこんなに色合いが異なるんですね!! またミルクを含むと茶色の色合いも明るくなるのがわかりますね。

 

まとめ

meiji THE Chocolateのメキシコホワイトカカオ2つとエクアドルダークの食レビューでした。限定のメキシコホワイトカカオ ミルク含め3つとも買って、味の進化を体験してくださいね♪

 

今回紹介したのはこちら!!

メキシコホワイトカカオ ダーク (3枚入り) 1,620円(税込)

メキシコホワイトカカオ ミルク (3枚入り) 1,620円(税込)

エクアドルダーク (3枚入り) 1,080円(税込)

〜 meiji THE Chocolate

 

サロン・デュ・ショコラ(サロショ)東京2018でのmeiji THE Chocolateの全商品ラインナップはこちら!!

>>サロショ2018 東京のmeiji THE Chocolateの全商品を見る!!

 

サロショ2018 東京 会場マップで meiji THE Chocolate をチェック!!

>>サロショ2018(東京)会場マップを見る!!