銀座千疋屋(GINZA SEMBIKIYA)「稔り(みのり)」は貴重なフルーツなので急いで購入しよう!

サロン・デュ・ショコラ2018 公認ブロガーのシンゴ(@sdcblogershingo)です。

銀座千疋屋さんの稔り(みのり)をレビューします。 サロン・デュ・ショコラ(サロショ)東京2018での銀座千疋屋の全商品ラインナップはこちら!!

>>サロショ2018 東京の銀座千疋屋の全商品を見る!!

 

 

フルーツ専門店の愛情をお届け

稔りパッケージ

存在感のあるシンプルさ

今回の銀座千疋屋さんの新作 稔り(みのり)。フルーツ専門店ならではの今回のショコラ。とても楽しみです♪

まずはパッケージ。白と水色の箱に金色のロゴ文字。シンプルながらも金の文字が高級感を演出していますね!! さっそく開けて、中のフルーツたちとご対面しましょう!!

 

稔りのボンボンフルール

ひとつひとつ手作り

ふたを開けると、ふわ〜とフルーツの香りとチョコレートの香りが漂ってきました。まさにたべごろのフルーツの箱を開けたかのような感じです。そして、しょこらの見た目は小さなフルーツという感じで、とてもかわいらしいです。

内容は全部で4種類です。りんご、柿、桃、メロンです。美味しく食べるための順番は①桃 ②メロン ③柿 ④りんご の順に食べるのが美味しく食べられるそうです。(銀座千疋屋シェフの太田さん談)

 

ところで、フルーツって自然になるものなので、ひとつひとつ形状が異っていますよね。実は、このショコラもそのリアルなところまでこだわっています。そのため、ひとつひとつ手作りなんです!!

 

柿とメロンについて、他の商品と比べてみると、、、

柿の比較

微妙に反り返ってるものと反り返っていないもの

 

メロンの比較

ツルの長さや太さ、網目まで違う!!

また、フルーツの色合いもマッド感を追求して、おもちゃのようにならないリアルな色合いを求めてこのような形にしていったそうです。その努力の過程もお聞きしたのですが、相当な期間、試行錯誤を繰り返したそうですよ。めちゃくちゃ手が混んでいます。表面は吹き付けなので、多少、手に色がつきますので、その点はお気をつけくださいね。

 

このように一つ一つ手作りなので、銀座千疋屋のスタッフさん総動員で作業して作ってるようです。そのため、数に限りが出てきてしますので、購入はお早めにするのをおすすめします!!

それにしても、ここまで細部にこだわる徹底ぶりは、フルーツ愛に溢れる銀座千疋屋さんだからこそなんでしょうね。本当にすごい!!

食べるのが惜しくなってしまいます(笑)

 

この話を聞いたあとで食べるのは本当に惜しくなってしまうのですが、カットしつつ、さっそくいただいてみましょう!!

 

表面はパリッとしていて、噛んだ瞬間に果汁感がありみずみずしささえも感じるほどです。フルーツを食べてるという感覚に近いものがありました。チョコレートの味わいもほのかでフルーツの邪魔を全くしませんでした。

写真からもわかるようにチョコレートの壁がかなり薄いのもすごいです。

岡山県産の白桃をふんだんに使用したパートドフリュイが美味しいです。甘い桃を食べてるような感じでした。

 

メロン

ホワイトチョコレートで包まれたメロンのガナッシュには日本酒も入っているそうですが、日本酒の香りはほとんど感じず、メロンの香りが口の中を完全に支配していました。しかし、日本酒の甘みとコクがメロンを引き立てていて、美味しかったです。とにかくメロンの香りが豊かで爽やかでした!!

 

切ったことで、本物の柿らしく、実の上部のくぼみがよくわかりますね。リアルです。

なんと、ショコラの中には、干し柿が入っているという嬉しいサプライズ。食べた感じは昔ながらの柿をいただいているような、何か懐かしい感じがしました。懐かしさを感じるくらい、柿の風味が優しいんです。パートドフリュイは国産の柿の果汁をたっぶり使ってるとのこと。

干し柿の食感がこれまたおいしい!! 甘い柿という印象ではなく、柿の風味という感じです。これは美味しいです♪

 

りんご

まるで、蜜たっぷりのりんごのようです。切った瞬間に一緒にいたスタッフのみなさんから、うわぁ〜と歓声が上がったほど(笑) 切った瞬間に広がるりんごの香り。小さいこのりんごも持つとずっしりと重量感があります。そして、噛んだ瞬間にどろーと果汁が出てくるような錯覚。

写真からも見てわかる通り、表面のチョコレートもかなり薄めに作られています。

とにかく、食べた瞬間に、

「 りんごだ、りんごっ!! 」

と思わず言ってしまうくらい、りんご感がものすごかったです。

たしかに、味、香りともに一番強めではあるので、4つのしょこらの最後に食べたいなぁと思いました。りんごの甘みとビターチョコレートの相性もよくおいしくいただけました。

 

 

まとめ

パートドフリュイには40%とかフルーツの果汁を入れているものもあるそうで、その果汁割合からするとけっこうなパーセンテージです。その贅沢な果汁でこのみずみずしさが表現できているんですね。また、今回の作品は型作りから行うこだわりっぷり。フルーツ視点からショコラ作りする銀座千疋屋さんだからこそできる技なのかもしれません。

フルーツを思う存分味わえる、稔りをぜひお試しくださいね!! なくなっちゃうので購入はお早めに!!

 

今回紹介したのはこちら!!

稔り(みのり) 2,484円

〜 銀座千疋屋

 

サロン・デュ・ショコラ(サロショ)東京2018での銀座千疋屋の全商品ラインナップはこちら!!

>>サロショ2018 東京の銀座千疋屋の全商品を見る!!

 

サロショ2018 東京 会場マップで 銀座千疋屋 をチェック!!

>>サロショ2018(東京)会場マップを見る!!