ドゥバイヨル(DEBAILLEUL)「プラリネ ユイール」のアルガンショコラを初体験!!

サロン・デュ・ショコラ2018 公認ブロガーのシンゴ(@sdcblogershingo)です。

ドゥバイヨルさんのプラリネ ユイールをレビューします。 サロン・デュ・ショコラ(サロショ)東京2018でのドゥバイヨルの全商品ラインナップはこちら!!

>>サロショ2018 東京のドゥバイヨルの全商品を見る!!

 

 

サロショ限定のオイルショコラ

プラリネ ユイール

重厚感のあるパッケージ

ドゥバイヨルさんのサロショ限定のショコラ「プラリネ ユイール」を紹介します。黒のパッケージが重厚感を感じつつも大人な雰囲気を感じます。どのようなショコラなのかワクワクしちゃいます。それでは中のショコラを見ましょう!!

 

プラリネ ユイールのボンボンショコラ

セザム(写真左)、アルガン(写真右)

なめらかな表面!! 見てるだけでも芸術。

写真左の茶色のカカオニブが乗っているのがセザム。ゴマのオイルを使ったボンボンショコラです。

写真右の白色のアーモンドが乗っているのがアルガン。化粧品で有名なアルガンオイルを使ったボンボンショコラです。

 

今回のテーマは、オイルとショコラのマリアージュ。古代では薬草として食されてきたスパイスから抽出したオイルで体の中からも美しくなれるかもしれない、魅惑のショコラになっています。

実はドゥバイヨルさんは数年前にオイルをテーマとしたショコラを作ったことがあるそう。今回はその時のリバイバル。以前作った時は、まだオイルが世の中には浸透していなかったらいく、受け入れられにくい状況だったとか。時代がドゥバイヨルに追いついたというわけですね!!

 

それでは、ショコラをカットして断面を見つつ、いただいていきましょう!!

 

2つとも滑らかなプラリネ

プラリネ ユイールのショコラカット

切っただけでなめらかさが伝わる

左がセザム、右がアルガン。両方ともねっとりなめらかそうなプラリネです。思わずガナッシュかと思ってしまうほど。2つともアーモンドプラリネがベースになっているのですが、プラリネっぽさを見た目からはあまり感じません。

それでは、ひとつずつ食します。

セザム(茶色)

口に入れた瞬間のアタックはとにかくなめらか!! アーモンドプラリネなのに、こんなになめらかなんだぁとびっくりします。そして、気になるゴマの香りはほんのりオイルとして香る程度で、まさにゴマ風味という言葉がぴったりです。なめらかな食感を楽しみつつ、ゴマ、アーモンド、ゴマの順で香りが楽しめます。

アルガン(白色)

セザム同様、とってもなめらか。香りはナッツの香りが豊かに感じました。調べたのですが、アルガンオイル自体がナッツのような香りなんですね。だからナッツの香りを感じたんですね。食べた感じはアーモンドプラリネでもなく、かといて、そうでもないと言い切れない。面白いショコラでした。

 

両方ともに、アーモンドプラリネベースのショコラなのですが、オイリーな食感はなく、なめらかで美味しい口溶けでした。オイルを使ってると言われてもわからないほどです。上品で深い味わいを楽しめるショコラでした。古代では滋養強壮で使っていたアルガンオイル、食用としてもいけることを今回、初めて知りました。これは食べて体験してほしいです!!

 

まとめ

パッケージ、味わい全てが上品なショコラ、ドゥバイヨルさんのプラリネ ユイールの食レビューをお届けしました。アルガンオイルをお肌に塗って、プラリネ ユイールを食せば、外からも中からも美しくなれる!? かもです。男性の方は女性へのプレゼントにも良いですね!!

 

今回紹介したのはこちら!!

プラリネ ユイール 2,916円

〜 ドゥバイヨル

 

サロン・デュ・ショコラ(サロショ)東京2018でのドゥバイヨルの全商品ラインナップはこちら!!

>>サロショ2018 東京のドゥバイヨルの全商品を見る!!

 

サロショ2018 東京 会場マップで ドゥバイヨル をチェック!!

>>サロショ2018(東京)会場マップを見る!!